サラリーマンのサラリーマンによるサラリーマンのためのFX投資生活 相場の見方(大から小へ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場の見方(大から小へ)

 現在、仕事や研究で、野外で地質調査を行うことがあります。地形や露頭を観察して、その地域の地盤の形成過程を探っております。その時に、注意することのひとつが、「大から小へ」です。空中写真や地形図等で、あらかじめ広範囲な地形や地質情報を入手しておき、現場に向かいます。現場でも、遠くからの状況を観察したのちに、近づいて、個々の露頭で詳細な観察を行います。最終的に、各露頭で入手した点情報をつなぎ合わせ、面的情報に発展させ、最終的には、3次元的な考察まで行い、地質の生い立ちを解き明かします。調査対象が地盤という比較的大きな物であるため、なおさら「大から小へ」が重要になってきます。そうすることにより、断層、地すべり、崩壊等の状況や、地層の連続性、堆積状況等を精度よく、効率的に判断することができます。仮に、「大」をとばして、「小」から観察を開始した場合は、地質の全体像がイメージできないどころか、大規模な構造も見落としがちになり、効率が落ち、精度も悪くなるのが現状です。地質の分野にかかわらず、他の分野でも同様に、大きな見方をしておいてから、細部を観察する「大から小へ」の流れは、非常に効果的であると判断しております。
 この考えは、相場の見方にも当てはまると考えております。過去の長期間にわたる大きな流れ(周期)を把握しておき、今現在の相場が長期的にはどのような位置にいるのか把握したうえで、徐々に短期間の流れに目を移す必要があると思います。局部的で一時的な相場の上下変動ばかりに、注目していると、大きな目でみた相場の流れがつかみづらくなり、翻弄されがちになるような気がいたします。大きな流れを把握しておくだけで、精神的にも安心できると感じております。客観的に現在の状況を様々な時間軸で把握できていることが理想だと思います。
 「Granite」システムは、まさに、そのような考えを取り入れて構築しております。「Granite」という、一つの系に絞り込み、大・中・小の三種類の波を把握し、その系内で生じている現象を、客観的にとらえる試みを行ってきています。つまり、大波(Granite1)を基準として、中波(Granite2)や小波(Granite3)を、把握することが可能であり、また、その逆の、小波を基準として、中波や大波を把握することも可能です。さらには、その3種類の波を合成して、Graniteシステム全体の評価も可能です。そのように評価することにより、Graniteシステムの周期性や法則性をより明確に把握することができ、以前から報告しておりますように、未来予想が可能になると判断しております。
 現在、先進国では、人工的な二酸化炭素濃度の急上昇を原因とする地球温暖化の対策に大あわてのような感じがしております。確かに、二酸化炭素濃度が急激に上昇している事実はあり、それに対する影響を把握することは重要だと思います。しかし、あくまでも個人的な考えですが、10万年におよぶ長期的な気候変動を見た場合は、現在は、いつでも氷河期に突入してもおかしくないような気がしております。実際、長期的には、約6000年前の縄文時代をピークに、海水面は上下しながら徐々に低下してきているように感じます。過去の地球上の歴史では、温暖化の時代は、豊富なエネルギーを吸収し、生物活動が活発になり、種が繁栄してきました。一方、寒冷化の時代は、全く逆で、エネルギーが無く、生物の活動が衰え、種が滅びてきております。つまり、過去の例から見ると、生物にとって温暖化は歓迎すべきことで、寒冷化こそが最も恐怖な出来事のように感じます。いずれ、過去の周期から判断すると、この先、寒冷化はやってくると考えられます。われわれ人類も目先の局部的な気候変動のみにとらわれず、もう少し、大きな視野で総合的な解釈ができれば良いと考えております。この先、寒冷化の時代が到来したときに、手遅れにならなければよいのですが・・・。
 相場でも手遅れにならないように、のんびりと、大きな流れを感じていたいと考えております。

皆様からの応援が活力です。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

FXランキング


テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 聖杯 FXネットトレード秘伝プログラム 相場の見方

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

f2granite

Author:f2granite
 某国立大の博士過程を修了し、地方のコンサルタント会社に勤務するサラリーマン。「聖杯」システムや「新聖杯」システムを用いたシステムトレードを実践中。
 自然界の様々な法則同様、相場にも法則があると考えています。
 現在、「Granite」システムで導いた法則性から未来予想を実践中。
 小遣い程度(3万円)で開始した、資産の行方は?

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
お知らせ
運用システムの設定値は、ブログ内で公表させていただいております。聖杯FXネットトレードは、販売終了となっておりますが、現在も実践継続中でございます。また、新聖杯システム アルゴリズムFXも運用中です。ご質問等がございましたら、お気軽に、ページ左下のメールフォームからご連絡ください。
広告
ライブチャート
広告
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。