サラリーマンのサラリーマンによるサラリーマンのためのFX投資生活 「Gabbro」システムの今後は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Gabbro」システムの今後は?

 昨日Granite」システムを用いた相場予想の記事をかきましたが、その中で、「Granite」システムは8年周期と報告いたしました。それでは、「Gabbro」システムは、どうでしょうか? 「Gabbro」システムは、Gabbro1と2の2種類を運用していますが、以下は、Gabbro1「聖杯」FXネットトレード秘伝プログラムを購入するとおまけとしてついてくる、財テクプログラムです)についての報告になります。
 Gabbro1は、EUR/JPY買- CHF/JPY売のサヤ取り手法を採用していますので、仕掛け時より、サヤが拡大していくときはいいのですが、サヤが急激に縮小する時に、ドローダウンとなります。「聖杯」を購入のかたは、財テクプログラムのサヤの推移グラフと累計損益グラフを確認していただくとわかると思うのですが、1987~2008年間に、サヤの縮小にともない約-150万円程度のドローダウンが1回と、約-100万円程度のドローダウンを1回の大きく2回のドローダウンが確認できます。いずれ、1987年~2008年までの累計損益が400万円を超えていますので、これだけのドローダウンにたえる資金的な余裕がある人はそのままの運用で十分問題無いと思います。しかし、私のような資金の無い人は、ドローダウンの時期をはずして、運用しなければなりませんし、精神的にも耐えられないような気がします。
 以前も述べましたが、私の考えでは、「Granite」システムに周期があるように、サヤの拡大、縮小にも周期性があると考えております。比較的、サヤの拡大しやすい時期とサヤの縮小しやすい時期が周期的に繰り返していると考えており、サヤの縮小しやすい時期をさけて、サヤの拡大しやすい時期に仕掛けてやれば、効率的な運用ができると判断しております。
 それでは、サヤの縮小しやすい時期はいつでしょうか? 実は、この「Gabbro」システムも「Granite」システムと関連性が高いと感じております。私の考えでは、「Granite」システムのドローダウン時(1990/8/9、1998/5/21、2006/3/15)を境に5年間がサヤの縮小しやすい期間で、その後3年間がサヤの拡大しやすい時期と判断しております。
 つまり、1990/8/9に「Granite」システムのドローダウンを確認したのであれば、その5年後の1995/8/9から「Gabbro」システムの運用を開始し、3年後の1998/8/9に終了する。同様に、1998/5/21に「Granite」システムのドローダウンを確認したのであれば、その5年後の2003/5/21に「Gabbro」システムの運用を開始し、3年後の2006/5/21に終了することにより、極度のドローダウンは回避できると考えております。このように考えると「Gabbro」システムは、以下のようにまとめられます。

「Gabbro」システムも8年周期であり、「Granite」システムと密接に関連している。
サヤの縮小しやすい時期:「Granite」システムのドローダウン時から5年間
サヤの拡大しやすい時期:上述の5年経過後から3年間(「Granite」システムのドローダウン時期を含む)
「Granite」システムと「Gabbro」システムのドローダウン時期が異なるため、効果的に補いあうことが可能である。
次の、「Gabbro」システム運用開始時期:2006/3/15から5年後の2011/3/15
「Gabbro」システムの終了時期:2011/3/15から3年後の2014/3/15
現在は、サヤの縮小しやすい期間内であり、「Gabbro」システムの運用には注意が必要。


 現在は、サヤの縮小しやすい期間に入っていると思います。私は、サヤ幅が40以下と比較的縮小してきたことと同時に、「Granite」システムの現状が、USD/JPYやEUR/JPYを売りで仕掛けることが多くなっており、それに対するヘッジの意味を含めて、「Gabbro」システムを運用していますが、注意が必要と感じています。

「Granite」システムと「Gabbro」システムは同一系で暮らしている、助け合う兄弟のような感じがしています。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

f2granite

Author:f2granite
 某国立大の博士過程を修了し、地方のコンサルタント会社に勤務するサラリーマン。「聖杯」システムや「新聖杯」システムを用いたシステムトレードを実践中。
 自然界の様々な法則同様、相場にも法則があると考えています。
 現在、「Granite」システムで導いた法則性から未来予想を実践中。
 小遣い程度(3万円)で開始した、資産の行方は?

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
お知らせ
運用システムの設定値は、ブログ内で公表させていただいております。聖杯FXネットトレードは、販売終了となっておりますが、現在も実践継続中でございます。また、新聖杯システム アルゴリズムFXも運用中です。ご質問等がございましたら、お気軽に、ページ左下のメールフォームからご連絡ください。
広告
ライブチャート
広告
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。